「おいしさの公式」シリーズ完結

『辻調が教える おいしさの公式 中国料理』
辻調理師専門学校編(ちくま文庫 780円+税)

 


『辻調が教える おいしさの公式』シリーズの完結編、中国料理。

 

担当は、「<新>塾」で、「中国料理の本質と衝撃」でお話をしていただいた、中国料理・主任教授の吉岡勝美先生。 
  
まず、おいしさの基本で、味と香りの中国料理にかかせない風味豊かなねぎ油やラー油などの香り油や、「湯(タン)」とよばれる基本のスープの作り方、材料、調味料、基本の切り方について学んでいただきます。

 

そして、いよいよ実際の料理についてのおいしさの「公式」の探求です。

 

バンバンジー、マーボー豆腐、餃子、シュウマイなど定番メニューを中心に、レストランで味わっていた本格派料理もレシピとともに作り方のコツが満載。

 

さらに、人気の中国スイーツ8品のレシピも掲載しています。

中国料理の知識と作り方の秘訣が手軽に学べる奇跡のような一冊です。

 

西洋料理、日本料理、お菓子とあわせて、ぜひ、手に取ってみて下さいね。

 

(って、完全、PRでした。スンマセン!)

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。