3月10日(水)NHK BSハイビジョン

ロケ現場の厨房。左から成田充弘・清水隆史・畠中健佑先生
ロケ現場の厨房。左から成田充弘・清水隆史・畠中健佑先生

「わたしが子どもだったころ  すし職人・小野二郎篇」

NHK BSハイビジョン

2010310日(水)22002244 

NHK総合再放送予定あり)

 

現在、第一線で活躍する著名人たちの原点とも言える子ども時代を「本人の語り」と「当時を再現したドラマ」によって描く、「わたしが子どもだったころ」。

世界でいちばん有名な鮨職人である小野二郎さんが登場します。小野さんは、「ミシュラン東京」で三年連続三ツ星の栄冠に輝いている『すきやばし次郎』の店主。

84歳の小野さんは、いまでも毎日800貫(40人前)の鮨を握る現役。

その小野二郎さんの子ども時代を再現したドラマの料理監修・製作を、辻調グループ校の日本料理の先生たちが担当。

ドラマでは、昭和初期、当時7歳で丁稚奉公に入った割烹旅館の厨房を再現しています。

さあ、辻調の先生たちが、どんな料理を再現し、俳優さんたちに演技指導したのか。放送を、どうぞ、お楽しみに。

 

<ロケ地でのフォトギャラリーもどうぞ>

栃木ロケ写真

 

なお、この番組は、翌週・月曜日の深夜にNHK総合番組でも再放送されます。

http://www.nhk.or.jp/kodomodattakoro/yokoku_bs/index.html

http://blog.tsuji.ac.jp/akibacafe/archives/1303

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。